Top »  豆知識  » 無添加スキンケア

無添加スキンケア

「無添加」と言われると、肌にすごくやさしくて、安全というイメージを持たれてる方が多いと思います。敏感肌だから、無添加を選ぶという方もいらっしゃると思います。でも、私達は、無添加=安心&低刺激・・・という構図は、全く別物だと考えています。
 
そもそも「無添加」とはどういう意味なのでしょうか?実は「無添加」を名乗る基準というのは、まったくありません。つまり、世の中のどんな製品でも「無添加」を名乗る事ができます。

2001年3月までは、薬事法で定められていたアレルギーを起こす102の表示指定成分が配合されていない事を「無添加」と読んでいました。しかし、2001年4月以降は、指定成分という取り決めがなくなり、「配合されているすべての成分を化粧品に明記すること(全成分表示)」となりました。これによって、以前使われていた「無添加化粧品」という枠組みがなくなり、現在そう呼ばれているものは、だいたいが以前からのなごりで「旧指定成分を配合していない化粧品」のことを指してることがほとんどです。

しかし、たった102の成分を含まないからと言って(無添加だからと言って)、安全&低刺激だと言えないのではないでしょうか?なぜなら、102の指定成分以外にも、肌に有害な成分は山のようにあるからです。

そもそも、スキンケアは開封しない限り、3年間は品質が変わらないように製造することが義務付けられています。つまり、腐らないようにするには、何かを添加物は不可欠なのです。防腐剤は入っていなくても、防腐効果のあるのは必要です。

肝心なのは、防腐効果のためにどんな成分を使用しているかということではないでしょうか?

例えば、防腐剤などを配合しなくてもよい方法として、最も安価で便利な方法が合成ポリマーを配合する方法があります。合成ポリマーは、半永久的に変質しませんし、腐りません。しかし、合成ポリマーは、本来肌のが持っている成分とは全く異質であり、極めて毒性であるという場合もあります。

つまり、「無添加」という商品の中には、大量の合成ポリマーで防腐効果を補っているものや、102の指定成分以外の有害な成分を含んだ製品が、たくさんあるという事です。「無添加=安全」ではありません。肝心なのは、お客様がひとつひとつの成分をチェックし、本来肌に存在する成分に近い成分のみで構成されている商品を選ぶ事ではないのでしょうか?