Top »  豆知識  » スキンケアの即効性について

スキンケアの即効性について

数日間で、急激にシワが消えるのは合成ポリマーと合成界面活性剤を大量に使っているからですよ。だから、そのスキンケアを塗り続けない限り、すぐに小ジワが増えていきます。

合成ポリマーの正体をご存知ですか?合成ポリマーは、ビニール塗料のように美しい皮膜で顔中を覆ってしまいます。だから、シワがなくなるのは当たり前なんです。つまり、顔にペンキを塗っているようなもので、ペンキの上から指で顔を触り、「うぁ~。お顔がツルツル♪シワがぜ~んぶ消えちゃったわ。さすが5万円のクリームね。即効性が違うわ♪」と喜んでいるようなもの。。。しかし、合成ポリマーで皮膚を覆ってしまうことは、お肌には最悪の環境なんです。

皮膚には1センチ四方に20万個の微生物が住んでいると言われています。これらの微生物を常在菌と言い、紫外線や有害物質からの刺激を和らげたり、異物が肌に入るのを防ぐ大切な働きをしています。しかし、合成ポリマーでお肌を覆ってしまうと、常在菌は死滅してしまいます。 常在菌が死滅すると、皮脂の分泌量が急激に低下して、ひどい乾燥肌になってしまうのですしかも、強力な合成ポリマーは顔に張り付いて、絶対に離れません。

合成ポリマーを薄めた水溶液をビーカーの壁面に塗り、乾燥させたものは、ナイフで削らないとはがれないレベルです。だから、洗っても落ちない。しかし、このクリームを使っているお客様は、これを持続性と勘違いされるのです。「このクリームは、すぐにシワがなくなるし、しかも持続するわ♪即効性もすごいし、持続性も最高ね♪さすが、5万円のクリームだわ。」・・・という風に。。。合成ポリマーが顔中にべったり張り付いているから、シワがなくなり、洗っても取れないから持続性があると感じるわけです。


どんな化粧品を使ってもシミやシワを1日や2日で消すことはできません。生理学上不可能なのです。塗ってすぐにシワが治るというのはただの錯覚に過ぎません。つけてすぐの効果には、物理的に肌をピンと張る成分が入っているか、物理的に刺激でそのように感じるかといった要因です。一時的に肌を美しく見せたいならこれでいいでしょうが、肌そのものを美しくしたいなら時間をかけてきちんと肌機能を正常化することが必要です。大事なことは、「スキンケアを塗っているときの肌」は、自分の本来の肌ではなく、「化粧品を完全に抜いた肌」が自分の肌なんですね。