Top »  化粧品成分について  » 鉱物油とは

鉱物油とは

肌の老化を招く鉱物油

鉱物油とは、石油から作られたオイルです。
10040305063.jpg
安価で大量生産しやすいため、大部分の化粧品に石油化合物が使われています。石油の精製技術が今のように発達していなかった頃には、化粧品を使うと肌が赤黒くくすむ「油焼け」することがよくありました。最近ではこの「油焼け」は見られなくなったものの、危険性がなくなったわけではありません。

鉱物油は皮膚呼吸を妨げてしまうため、肌の老化をまねくこともあります。シワの原因となってしまうのです。また、鉱物油そのものだけでなく、生産過程にも問題があります。鉱物油にはフェノールという毒性物質が入っていて、化粧品に使うためには、まずフェノールを取り除かなければなりません。フェノール除去に使われるのが、大量の硫酸塩です。化粧品に硫酸塩が残留してしまうのではないか、疑問が残ります。また、生産過程で排出される使用済みの硫酸塩を考えると、環境への悪影響も気になります。

鉱物油を使った化粧品を使うのを避けようとしても、成分表示に「鉱物油」と書いてあるわけではないのでわかりにくいのですが、「流動パラフィン」「べンジルアルコール」「エステル」などが石油成分の代表的なものです。石油化合物の名称を覚えるのが大変なら、石油でないもの、つまり植物性のものを選べば大丈夫。「ヒマワリ油」「ホホバ油」などは、ひと目で安心とすぐわかるはず。植物から作られた油分は安心して使えます。