Top »  肌トラブルと対策  » 肌はなぜ乾燥するの? 原因と対策

肌はなぜ乾燥するの? 原因と対策

肌の乾燥は美肌の大敵です。お肌が乾燥すると正常なターンオーバーができず新しい皮膚が作られません。
また、いくら高級なスキンケアを使っても全く効果がなくなります。そもそもお肌はなぜ乾燥してしまうのでしょうか?
<まちがった洗顔>
洗顔はお肌の表面の雑菌を落とし綺麗なお肌を作るために欠かせません。しかし、その洗顔方法を間違ってしまうと、逆にお肌のトラブルを招いてしまうことになります。まず洗いすぎには注意が必要です。ディープクレンジングやW洗顔などをしすぎると、乾燥から守るための天然クリームである皮脂まで洗い落としてしまいます。朝は皮脂が少なければお水かぬるま湯で洗顔だけでも十分です。栄養分が必要な方は化粧水などで補いましょう。
また、洗い方もごしごし強くこすらず、優しく手のひらでマッサージするように洗ってください。こすった時のお肌への刺激は乾燥の元です。洗い流すときは、水またはぬるま湯でよくすすいで、泡を完全に洗い流してくださ
い。体温より高いお湯で洗ってしまうと必要な皮脂までが溶けて流れさてしまいます。顔をタオルでぬぐうときも、こすらず、タオルを顔に優しく当てるようにしてください。

<まちがったスキンケア>
皆さん保湿と聞いて何を連想しますか?おそらく化粧水をたっぷりつけること思っていないでしょうか?
でもそれは干からびた大地に水をまいているようなこと。折角まいた水も大地の奥に浸透せずに蒸発してしまいます。

お肌も同じで乾燥した肌に水分を与えても吸収されずに蒸発するだけです。水分を保つようにするには、お肌も大地も地盤改良が必要なのです。
保湿とは水分を補うことと、お肌が水分を保てるように改良することの両方の意味があります。お肌がお水を保てるようにするにはスキンケアで水分を保つための「成分」を補います。スキンケアで「水分」を補うのではありません。
有名な保湿成分としてはセラミドやヒアルロン酸などがあります。これらの保湿成分は、化粧水ではなく美容液や保湿クリームに含まれていることが多いようです。保湿のためにはそのような成分の入ったスキンケア製品を使うべきです。では、化粧水は何のためにあるのでしょうか?極論を言うと、お肌がみずみずしくなった気にさせるためたけにあるようなものです。上記のような保湿成分の含まれていない化粧水はただの水と変わりがなく保湿の効果
はほとんどありません。実際洗顔の後に化粧水はつけなくても問題ありません。代わりにセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分の入った美容液や保湿クリームを忘れずにつけましょう。
また、日本人は使い心地がさっぱりするタイプのスキンケアを好む傾向になります。さっぱりタイプのスキンケアにはアルコールが含まれていることが多いです。アルコールをお肌につけると乾燥を悪化させてしまいます。今時分のつかっているスキンケアを見直してみてください。
<季節の影響>
夏場のオフィスはエアコンが過剰に使用されがちです。エアコンは部屋の湿度を低下させ肌の乾燥の原因になります。
冬は湿度が低く空気もカラカラに乾燥します。さらに寒さのために皮脂と汗の分泌も少なくなり、スキンケアなしではお肌を乾燥から守れなくなります。
<食生活・お酒>
ダイエットや偏った食事をしていると、新しいお肌の細胞をつくるための栄養が不足してしまいます。また、過度のお酒は肌乾燥の原因ともなります。
<寝不足、疲労、ストレス>
寝不足、疲労、ストレスは全身の新陳代謝を低下させ、お肌のための成分が分泌されません。また、血行が悪いとお肌に栄養を届けることができず乾燥や肌あれの原因となります。
<加齢>
皮膚のうるおいを保つNMFや皮脂、セラミド、ヒアルロン酸などは年齢とともに減少します。
<紫外線>
紫外線を浴びると肌が乾燥します。日中でかけるときは十分にUV対策しましょう。


★ 乾燥肌対策
<ミルク&クリームクレンジングのススメ>
オイルクレンジングは必要以上に顔を油分を取ってしまい、さらに乾燥を悪化させてしまいます。乾燥肌の方が使うとぴりぴりとした刺激をうけることがあります。ミルククレンジングやクリームクレンジングの方が界面活性剤が少ないため、肌に必要な油分をキープしたままクレンジングできます。乾燥肌でオイルクレンジグを使っている方は、ミルクやクリームクレンジングを試してみてはいかがでしょうか。
<保湿&保湿&保湿>
セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分のはいったスキンケア製品を使いましょう。
<入浴で新陳代謝UP&血行促進>
お風呂に入ることで全身の新陳代謝が向上し血流もよくなります。さらに汗とともに体に溜まった毒素を排出するデトックス効果や、アロマの香りで副交感神経を落ち着かせるリラックス効果もあります。
ただし、お風呂に入るときにポイントがいくつかあります。

(1)お湯は少しぬるめの40度ぐらい。
熱いお湯だとお肌の油分がとけてしまいます。

(2)入浴剤を入れる。
水道のお水には塩素がたっぷり入っています。塩素はお肌のビタミンCを破壊してしまうので乾燥の元。この塩素を取り除くには湯船にビタミンCを入れます。お茶にはビタミンCが豊富に含まれているので、お茶の出がらしを入れるのも良いでしょう。入浴剤にもビタミンCが入っているものがあります。入浴剤はアロマ効果もありますので1石2鳥です。

(3)半身浴で20~30分つかる。
浸かる時間は血行がよくなって汗がでるくらいがベスト。のぼせないように気をつけましょう。のぼせてしまうのはお湯が少し熱いかもしれません。

(4)体を洗うとき、拭くときは、ゴシゴシこすらない。
お肌をこすると乾燥の原因となります。また、お肌のバリアを壊してしまうので肌トラブルの原因となります。

(5)入浴後はすぐに保湿。
タオルで水分を拭いてください。水分を肌に残したままだと肌の表面の水分まで一緒に蒸発して乾燥してしまいます。


<紫外線対策>
1年中対策が必要な紫外線
紫外線はお肌の角質層の水分をうばい、真皮にまでダメージを与える悪の枢軸。日中外出するときは日傘や帽子、UVクリームなどでしっかりUV対策をしてください。