Top »  豆知識  » 細胞賦活(ふかつ)作用

細胞賦活(ふかつ)作用

細胞の新陳代謝を活発にし、細胞を若々しくし、老化を防止する作用です。シミ、シワ、乾燥も皮膚がダメージを受けている状態。ダメージを受けた皮膚を修復・再生するには、細胞の活性力をあげなければなりません。細胞賦活成分を配合した化粧品は、その手助けをします。ではどのような成分が細胞賦活作用があるのでしょうか。

アロエベラエキス
アロエは古くから民間薬として、やけどの治療などに使われてきました。手作りの化粧品にも、よく利用される植物です。アロエベラエキスは、アロエの葉のなかのゲル状部分から抽出した成分です。多糖類が含まれ、紫外線でダメージを受けた皮膚の線維芽細胞を刺激して、修復を早める作用があります。光老化(紫外線の影響による老化)を防ぐ効果が高く、皮膚のうるおいを保ちます。

プラセンタエキス
優れた細胞賦活作用をもつとされるプラセンタエキス。哺乳類の胎盤から抽出されます。植物由来のプラセンタもありますが、動物性と植物性ではまったく性質が変わってきます。プラセンタには私たちが生きていくために必要な栄養成分が豊富にバランスよく含まれています。プラセンタは老化した細胞の分裂能力を3~4倍に高める作用があります。この作用は全身の細胞に有効であり、「若返りの秘薬」といえるでしょう。
※現在、狂牛病問題のため厚生労働省の通達で、ウシ由来のプラセンタエキスは化粧品としての使用を禁止されています。