Top »  肌トラブルと対策  » 洗顔によるニキビケア

洗顔によるニキビケア

洗顔は肌を美しく保つためのに最も大切なステップです。間違った洗顔をしているとニキビを増やす原因にもなります。ニキビケアのためにも、何気なく洗顔するのではなく正しい洗顔を身に着けましょう。

ニキビがあるときには、1日最低でも2回は洗顔してください。ポイントはたっぷりのクリームや泡で、やさしくなで洗いします。ゴシゴシこすってはだめです。丁寧に、髪の毛の生え際まで顔全体をやさしくマッサージするような感覚で洗います。おでこ、あごのライン、口の周りなど、ニキビのできやすい部分をきちんと洗うように心がけてください。皮膚がひりひりするほど強く、あるいは長く洗う必要はありません。皮膚の表面のぬめりがとれれば十分です。
最後は水またはぬるま湯( 乾燥肌の方は水がいいでしょう。)でお肌をこすらないように洗い流します。洗顔料が顔に残らないようにしっかりとすすいでください。その後はやわらかく「清潔」なタオル( 乾いたタオルより、一度濡らして搾った後のタオルのほうが水分を良く吸い取るのでお薦めです。)でこすらず、水分を吸収させるようにタオルを顔に当てます。
洗顔料のすすぎ残しはニキビの原因になってしまいますので注意しましょう。洗顔料は、あなたのお気に入りの製品をみつけてください。洗顔料の種類よりも洗う回数と洗いかたのほうが重要です。私たちは、洗顔ににきび用の「特別な」洗顔料が必要だとは思いません。自分の気にいった製品を選ぶとよいでしょう。