Top »  化粧品成分について  » アルコールとは?

アルコールとは?

注射を受ける前に皮膚をぬれたコットンで拭きますよね?あの液体の正体はアルコールです。アルコールによって皮膚についている細菌を殺菌するために使われています。アルコールは肌につけるとすーっと冷たい感じがします。これはアルコールが気化するときに肌の熱と水分を瞬時に奪っているからです。

化粧品に使われることの多いアルコール(エタノール)ですが、みずみずしさや清涼感といった使用感は、アルコールによるものがほとんどです。特に、ほとんどのさっぱりタイプの化粧水にはアルコールが入っているといえるでしょう。アルコールはごくたまにアレルギー反応を起こすことがあります。 敏感肌や乾燥肌の場合、アルコールを肌に塗るとさらに乾燥してしまい、ぴりぴりした刺激をうけることがあります。アルコールが入っていない化粧品の方がより肌に優しいといえるでしょう。