Top »  日常生活と肌の事  » 洗顔とクレンジングについて

洗顔とクレンジングについて

現代女性の肌の汚れは、ほとんど化粧品によるものです。洗顔やクレンジングの目的は、その汚れを落として肌を清潔な状態に戻すことです。肌が清潔で健全な状態であれば、新陳代謝がよくなるので、ターンオーバーも行われ、くすみなども自然に改善されます。逆に、清潔な肌でなければ、どんな栄養素や有効成分をつけても変化が現れません。このように、洗顔やクレンジングはスキンケアのベースといえるものですから、できるだけ丁寧に洗うようにしましょう。しかし逆に、スキンケアがもたらす肌トラブルの内、もっとも多いのがクレンジングともいわれています。その原因は大きく分けて2つあります。

1つはクレンジング(メイク落とし)という行為そのものが“こすり落とし”であること。こすると、角質細胞は次々にはがれ、せっかくの肌のバリア機能(皮脂膜)を削ぎ落としてしまいます。そうなると外界からの刺激を直接肌の奥まで与えてしまい、さまざまな皮膚異常の原因となります。メイクが多少残っていても自然に取れますし、落ちきっていないものは無機質なもので特に肌に悪影響を及ぼしません。それよりも、きれいに落とそうとするあまり、保湿成分まで洗い落としてしまうことのほうが問題なのです。

保湿成分が失われると、水分保持力が低下するため、肌の表面が(角質)が硬くなり、ごわごわした感じになってきます。また、角質には、体内に侵入しようとする外的刺激を防ぐバリア機能がありますから、肌が乾燥すると、自分の身を守ろうとしてますます厚くなります。角質が厚くなると、毛穴が角質でふさがれてしまします。これが毛穴の詰まりで、ニキビを悪化させたり、毛穴の黒ずみの原因になります。また、クレンジングのオイルが肌に残ってままだと酸化してしまったり紫外線に当たって活性酸素が発生して皮膚ラブルの原因となるので、すすぎは十分にしてクレンジング剤をしっかり洗い流してください。

もう1つの原因はクレンジングに含まれている界面活性剤です。洗浄力が強ければ強いほど、強力な界面活性剤が入っています。特に多くのオイルクレンジングには刺激の強い界面活性剤が含まれています。「汚れがすっきり落ちる!」という使用感を好む日本人女性は多いのですが、これではもともと備わっている肌のバリア機能まで落としてしまうことになり、肌が乾燥してくるのは当然なのです。その他、油浮き、毛穴の開きなどのトラブルはクレンジングや洗顔のしすぎによるものです。W洗顔を推奨している方もいますが、明らかに洗いすぎで肌への負担となっているはずです。

もっともお肌に優しい方法は、クレンジングをやめて洗顔だけでメイクが落ちるような製品を使うことです。または洗顔、クレンジングが1本になったような製品がお肌には最も望ましいといえるでしょう。この方法で、「どうしても1度の洗顔のみでは物足りない」と感じる人は、洗顔料で2度洗うようにしましょう。そのほうが、クレンジングを使ったダブル洗顔より肌への負担は格段に少なくなります。また、クレンジングはクリームやミルクの方が、ジェルやオイルに比べて界面活性剤が少なく、肌に刺激が少ないです。敏感肌や乾燥肌の方はオイルクレングをすると肌のトラブルを招くだけなのでクリームやミルククレンジングをオススメします。(肌への負担を抑えるクレンジング、洗顔方法は?へ)