Top »  日常生活と肌の事  » ニキビはなぜできるの?

ニキビはなぜできるの?

私たちの肌の毛穴にはアクネ桿菌(ニキビの原因菌)が常に存在しています。ですのでちょっとしたきっかけでニキビができる可能性があるのです。

普段、余分な皮脂は毛穴から排出されますが、汚れや皮脂によって毛穴がつまると、皮脂が正常に排出できず毛穴にたまってしまいます。アクネ桿菌はこの皮脂をエサにして増殖し、皮膚が炎症を起こす物質をたくさん作り出します。こうして皮膚が化膿してしまった状態がニキビになります。顔や胸、背中などの部位にニキビができやすいのは、皮脂を作る脂腺の数が多いからです。

成人になってからできるニキビは「大人ニキビ」などと呼ばれています。これは口の周りやアゴのラインにできることが多いようです。原因はとても複雑で、ストレスや不規則な生活、体調の変化など、色々なことが考えられます。また、にきび細菌の活動が活発になるとその作用で皮脂が分解されて刺激性のある物質ができ、炎症がおこります。