Top »  豆知識  » 活性酸素とは?

活性酸素とは?

活性酸素とは余剰なエネルギーをもつ酸素で、周囲の物質を酸化する力が非常に強い物質です。普通に呼吸をするだけでも、取り入れた酸素の約2%が活性酸素になると言われています。また、紫外線を浴びても活性酸素が体内で作られます。

活性酸素はばい菌を殺す作用や病気になったりするのを防いでくれる優れた働きもしますが、多くなりすぎると体の細胞まで攻撃してしまいます。体内の細胞をサビつかせて、体の中から老化を進行させてしまうのです。また、紫外線によるお肌のシミなどにも活性酸素が関わっています。

活性酸素を減らすために抗酸化化粧品を塗るのもいいですが、笑ったりワクワクしたり気持ちいい刺激を受けると、免疫系統のナチュナルキラー細胞(=NK細胞)が活性化します。このNK細胞が活性酸素を消去してくれるのです。美しさを求めるならまずは精神的なデトックスが一番重要ですよ♪ いつも笑顔でいましょうね。