Top »  化粧品成分について  » 美白効果について

美白効果について

多くの日本人女性が夢中になる美白。美白化粧品とは、チロシナーゼ(メラニンを生成する酵素)の活性化を阻害する成分や、メラニンを分解するビタミンCなどが配合されている商品です。

肌のシミ、くすみはメラニン色素が皮膚内に溜まることが原因です。メラニンは通常、皮膚のターンオーバーによって皮膚の奥から外側に向かって移動し、最終的には垢となって剥がれ落ちます。ですから、軽度のシミやくすみを改善するにはまずターンオーバーが正しく行われるようにするべきです。

ターンオーバーが正常に行われるためには肌を十分に保湿することが大切です。通常のターンオーバは28日周期です。肌がくすんできたら収集的にまずは保湿に力を入れてスキンケアしてください。十分に保湿をする事で、ターンオーバーを行う環境が出来上がります。28日たつと肌の最深部の細胞まで全て新しく生まれ変わり肌がリセットされた状態になります。

メラニンは皮膚の基底膜にあるメラノサイトで生成されます。メラノサイトは紫外線によって刺激をうけると、皮膚の奥の細胞を守るために、紫外線を吸収するメラニンを作り出します(メラノサイトは紫外線以外にも、乾燥、体調、ストレスなどによっても刺激を受けます)。この過程で、メラノサイトにメラニン生成を指令する情報物質(エンドセリンなど)と、指令を受けてメラニンを生成する酵素(チロシナーゼ)が大きな役割を果たします。

美白コスメは、これらを分解、抑制する成分が含まれるのですが、効果的な成分には、以下のようなものがあります。


<メラニン分解成分>

・ビタミンC誘導体
ホワイトニングといえばビタミンCというくらい、おなじみの成分です。誘導体にすることで、ビタミンC誘導体は、チロシナーゼの働きを阻害してメラニンの生成を減らします。

<チロシナーゼ抑制成分>

・油溶性甘草エキス(グリチルリチン酸2K)
マメ科の植物である甘草は、四千年以上も前から薬用植物として利用されていました。その根には甘味があり、甘味成分であるグリチルリサン酸は炎症をおさえる作用が高いことでも知られています。油溶性甘草エキスがチロシナーゼ活性を抑制する効果は、アスコルビン酸(ビタミンC)の270倍、コウジ酸の50倍もあるといわれてます。また優れた活性酸素除去作用、抗酸化作用、消炎作用などがあり、シミ、くすみ、肌荒れ・ニキビを予防し悪化を防ぎます。