Top »  豆知識  » ターンオーバーとは

ターンオーバーとは

表皮細胞が基底膜のところで新しく生まれて、約28日かけて角化して、角質細胞になり、最後は垢としてはがれていく、このサイクルをターンオーバーと呼びます。つまりターンオーバーによって、表皮細胞は絶えず入れ替わっています。表皮にできた傷は、跡が残らずに治るのはこのためです。しかし、表皮を越えて真皮まで達してしまった傷は、真皮はターンオーバーしていないので、ずっと傷は残ります。また、紫外線でメラニン色素ができても、表皮の中にとどまっていれば、28日後にはタ-ンオーバーとともに排泄されて元に戻ります。しかし、基底膜の一部が破れ、その穴からメラニンが真皮にまで落ちてしまったら、シミはずっと残ることになります。真皮まで落ちたシミはスキンケアの力では消すことはできません(詳細は消えるシミと消えないシミがあるってほんと?へ)。ターンオーバーは年齢とともに速度が落ち、40代になると約40日ほどかかるといわれています。従って、歳をとるほど、傷の治りも遅くなり、シミもできやすくなるわけです。また、ターンオーバーの速度が落ちると、角質は厚くなり、角質層以外の表皮は薄くなるため、肌がくすむ、硬くなる、乾燥が治らない、小ジワができる・・・などの症状が見られます。

turnover.jpg