Top »  日常生活と肌の事  » ストレスで肌が老化!?

ストレスで肌が老化!?

ストレスが健康を害することはよく知られています。皮膚は体の一部なので、体が健康でなければ皮膚の状態も悪く、老化も進みます。

私たちがストレスを感じると、副腎質ホルモンが分泌されますが、副腎質ホルモンは自らの役目を終えると、細胞をサビつかせ、老化させる活性酸素を作り出してしまいます。また、緊張状態が続くと血管が収縮し、一時的に血流が阻害されます。その後血管が拡張したときに血液が勢いよく流れると、ここでも大量の活性酸素が発生します。

またストレスによって免疫細胞も低下するため、アクネ菌が繁殖しニキビができたり、ホルモンバランスも崩れるので肌荒れしたりと様々なマイナス症状を引き起こします。ストレスは、肌老化、肌荒れだけでなく万病のもとなのです。

化粧品、食物から、活性酸素に対抗する「抗酸化ビタミン」ビタミンC、ビタミンEなどの摂取を心がけることはとても有効です。