Top »  日常生活と肌の事  » 日常の日焼け止め対策

日常の日焼け止め対策

紫外線防止成分は刺激が強い

『スキンケアの中で、日焼け止めが最も肌に負担をかける』と言われる様に紫外線防止成分は肌に大きな負担をかけます。SPFの数値は日焼けの遅延速度を表しており、数値が高いほど紫外線を防ぐ効果は理論的には高くなります。しかしSPFを高くすると紫外線防止成分を多く含むことになり、肌への刺激も同じだけ大きくなると考えられるでしょう。また医学的な専門家によって意見は分かれますが、SPF20~30を超えるとそれ以上の数値では人体には紫外線を防ぐ効果は変わらないといわれています。また、化粧下地やファンデーションにも紫外線防止剤は入っているため、知らないうちに重ねづけしていることも多いのです。


デイリーにはノンケミカル処方、SPF20、PA++

紫外線をカットする成分は主に紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。紫外線吸収剤は肌への負担が強く最近ではスキンケアでの使用を避けられる傾向にあります。紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べて肌への負担が少なく安心して使うことが出来ます。日焼け止めを選ぶ際には、紫外線吸収剤が含まれない製品(ノンケミカル処方)を選ぶようにしましょう。
登山や海水浴用などに行く場合はSPF50を選択しても良いでしょう。日常生活で受ける紫外線はSPF20程度でカバーできますので、お肌に不必要な負担もかけないためにも、日常生活ではSPF20前後の製品を使用するべきです。


マメに丁寧に塗ろう

塗り方も非常に重要です。
UVカットの数値は皮膚1c㎡あたりに2mgの量を塗って測定されています。つまり、これと同様の量を塗らないと数値上の効果はないのです。しかし、実際には私達には0.5~1.5mg/c㎡しか塗っていないそうです。このように、薄く塗ってしまうと、SPF数値の20~60%程度の効果しかないわけです。
塗り残し、塗りムラを作らないことを常に意識して、十分な量を塗布するにも、是非とも重ね塗りをしましょう。重ね塗りにはすごい威力があり、1回塗りに比べて2,5倍程の効果が測定されています。最後に塗り忘れがちなのが耳。耳も最も日焼けしやすい部分ですので、丁寧に塗ってあげましょう。