Top »  化粧品成分について  » SPFとは

SPFとは

SPF値は、紫外線B波(UV-B)をカットする力を示します。何も塗らない状態と比べて、サンバーン(赤くなってヒリヒリすること)が始まるまでの時間を何倍に延ばすことがでいるか、という目安です。例えばSPF10であれば、約10倍に延ばすことができるという意味です。通常、成人が夏の日差しの下にいた場合、サンバーンを起こす程度の紫外線を浴びるのには、約20分かかるといわれています。(もちろん個人差はありますので、平均的な時間が20分ということです。)そこで、SPF10の日焼け止め化粧品を塗っておくと、サンバーンを起こすまでの時間を、20分の10倍、約200分に延ばす事ができるのです。

ただし日常的にSPFの高い製品を使うのはお肌への負担となり良くありません。
(詳細は日常生活の日焼け止め対策へ)