Top »  化粧品成分について  » PAとは

PAとは

PA値は、紫外線A波(UV-A)をカットする力を示します。
SPF値のように数値では明確に表されずに、+、++、+++の3段階で表示されます。+はやや効果あり、++は効果あり、+++は非常に効果ありとなります。
なぜ3段階しかないかというと、紫外線A波の肌への影響は、B波に比べるとすぐにはっきりと現れるものではなく、測定が難しいためです。紫外線B波は照射後3~4時間でサンバーンを起こしますが、紫外線A波はサンタン(皮膚が黒くなる症状)を起こすまでに数日を要します。SPFもPAも実際に人を使って測定するため、数日後の影響を正確に観察するということは難しくなるのです。ちなみに、SPF値はほぼ世界中で共通に使われている尺度ですが、PAは日本独自の尺度です。

ただし日常的にPAの高い製品を使うのはお肌への負担となり良くありません。
(詳細は日常生活の日焼け止め対策へ)