Top »  化粧品成分について  » UV-Bとは

UV-Bとは

皮膚が外部から受けるいちばん大きな害が紫外線です。なかでもB波による日焼けは、海水浴などで強い日差しを浴びて皮膚が赤くなり、皮がむけたり、水泡ができたりするものです。「サンバーン」と呼ばれる状態で、皮膚ガンの原因にもなります。統計的に、白人には皮膚がんになる人が多いですが、このB波をたくさん浴びていることが主な原因と言われています。このB波をカットする力を示すのが、SPF値です。(→詳細はSPFとはへ)