Top »  化粧品成分について  » UV-Aとは

UV-Aとは

皮膚が外部から受けるいちばん大きな害となるのが紫外線で、UV-Aは女性が最も気にするシミ、シワ、タルミの原因となります。発ガン性をもつB波のほうが注目されがちですが、肌への影響はA波のほうが重大です。

A波は最も波長が長く、浴びてもヒリヒリしたり、皮がむけることはありません。しかし、時間がたつと黒っぽい色素沈着が起きてシミとなります。また、A波は真皮にまで到達し、活性酸素を作り出したり、肌のハリや弾力のもとであるコラーゲン線維などを変性させて、シワやたるみを生みます。長年浴び続けた紫外線によってダメージを受け、シミやシワがたくさんできるのは光老化といいますが、農業や漁業など、屋外で仕事をする年配の人の顔や手にはシミや深いシワが目立つのが、その症状です。

A波は雲もガラスも通り抜けてしまうので、くもりの日でも室内にいても影響を受けます。夏場に限らず、普段の生活でいつの間にか浴びてしまいます。したがって、室内にいるときも、年間を通してUV-A対策は必要なのです。もちろん、紫外線が強い5月~8月や夏だけでなく通年の紫外線対策を徹底しましょう。日傘や帽子、日焼け止めなどを利用して、できるだけ防ぎましょう。

A波をカットする力を示すのが、PA値です。(→詳細はPAとはへ)